ExcelVBAピンポイント開発とは?

Excel開発コラム

ExcelVBAピンポイント開発とは?

投稿日: 2018年01月12日 カテゴリー:Excelシステム開発

ExcelVBAピンポイント開発」とは、「開発案件の全て」ではなく、「一部の機能」について開発を依頼する為、その仕様も簡易なケースが多く、設計も弊社で行った上で、Module開発を行っていただく形態となります。

 

例えば、「顧客管理システム開発」という受託案件があるとします。

 

そのなかの一部のプログラム開発をお願いするケースなのですが、具体的な例でご紹介させて頂くと、例えば、入力支援フォームの開発(画面フォーム)にあたっては、

(A)画面フォーム設計
(B)画面フォーム開発(データ登録/修正/削除/検索/流用/終了)
(C)画面フォーム修正~動作テスト(検証)

 

という工程があり、(A)はセルネッツが行いますが、「(B)(C)をご対応頂けますか?」といったケースです。

 

これは、VBAという言語の特徴でもありますが、Excelアプリケーションが動作するパソコンがあれば、特別な開発環境などは不要であり、システム本体を「メールでやりとり出来る」ので、仕様にもよりますが、依頼内容を極めて小さな単位に限定することで、全体の処理速度に影響することのない部分のみ開発依頼をすることが可能であり、納品成果物である[標準Module]を弊社にてシステムに組み込む、いわゆる分業のようなものですので、恐らく、双方にとってリスクの少ない発注形態ではないでしょうか。

 

また、VBAプログラミングではなく、「Excel請求書」や「Excel交通費精算書」などの作成依頼もございますので、日頃よりExcelをお使いの方であれば、ご対応いただけるのではないかと思います。

 

お仕事の種類の中でも、日頃からExcel活用をされている方であれば、比較的易しい部類と思われますのが、次のような、
【Excelフォーム作成】です。
請求書、見積書、発注書、ヤマト送り状、佐川送り状、勤務表、交通費精算書、各種申請書、稟議書、支払案内書、製造計画書、宛名ラベル(10連/12連)、輸出書類(Invoice、PackingList、ほか)。

これらは、紙ベースでの各種書類をExcelで作成いただく、という依頼ですので基本的には書類のスキャンPDFデータを送付し、Excelブック(*.xlsx)の状態で納品いただくというものになります。

Excel書類のタイプには、大きく以下の2種類に分かれます。

(A)「方眼紙格子状タイプ」 (B)「図形Objectタイプ(テキストボックス)」

実務でご利用の方なら、すぐにイメージできたかと思いますが、このようなご依頼をはじめ、その他、「販促用Excelマクロサンプル開発」や「教育用サンプル開発」、ツール開発依頼なども予定しております。

 

簡易なご依頼については、Web会議にて仕様詳細をご説明することが可能ですので、全国のExcel実務経験者の方からのご応募、お待ちしております。

 

[Excel開発パートナー募集(在宅ワーク可)]へ戻る