簡単!Excelでバーコード活用

簡単!Excelでバーコード活用

投稿日: 2018年01月06日 カテゴリー:Excelで出来ること

簡単!Excelでバーコード活用

ご存知の方も多いと思いますが、
Excelでは標準機能でバーコード出力を行う事ができます。

 

バーコード活用には様々な用途がありますが、弊社の導入事例では、
【出荷業務】における梱包~出荷漏れ点検で活用いただいています。

 

梱包段ボールには、Excelシステムから出力した梱包ラベルが貼付されます。
商品を小口単位で箱詰め後、ラベル印字し、別途、

 

(A)[当日出荷すべき一覧リスト] と (B)[Excelシステム]

 

の自動照合により梱包漏れがあればエラー警告、過不足なしなら自動消し込み
により出荷状況を一覧管理する事で、出荷業務のミスを防止し、効率化を図ります。

 

バーコードには幾つかの種類がありますが、物流商品の場合は、

数字、アルファベットなどが使える「CODE39」で十分です。

Excelでは、バーコードをはじめ、QRコードも簡単に出力できるので、

有効活用を検討してはいかがですか。

 

もちろん、出力だけではなく、

【バーコードリーダー】によるデータスキャンにも対応していますので、

出荷業務をはじめ、商品管理などで効率化を図りたい場合は、

低料金で開発可能な「Excelシステム」を検討してはいかがでしょうか。

 

例えば、「バーコードScanと同時に、メール自動送信」、といった活用も可能ですし、
同時に必要なファイルへのデータ書き込みだって可能ですから、

大がかりな仕組みなど実は必要ないのです。

 

業務の流れを分析することで、どの作業とどの作業がどう関連しているのかが見えてくると、
効率化対象の範囲を定められるので、ピンポイントでのツール開発が可能になり、
結果として、開発コストは低減されるので、手軽にサンプル開発ができるVBAは、
やはり優位性が高い言語だと思います。

 

システム導入のポイントは【どう活用するか】といった
運用方針/運用方法も重要な要件ですので、

システム活用でお悩みの際は、是非、ご相談ください。

 

<関連する記事>

簡単!Excelで「QRコード」作成

ExcelでQRコードを作成する手順~実務での活用方法




業務効率化ご案内

便利ツールダウンロード

セミナー情報はこちら

お客様の声ご紹介

Array ( [0] => 3 )

株式会社セルネッツ