ジャパンベストレスキューシステム株式会社様(愛知県/名古屋市)

ジャパンベストレスキューシステム株式会社様

ジャパンベストレスキューシステム株式会社

短い納期のなかでセルネッツだけが、迅速かつ的確に対応。
豊富な開発実績とWeb会議が成功の秘訣です。

ジャパンベストレスキューシステム株式会社

https://www.jbr.co.jp

コーポレートプラットフォーム
財務チーム 山口 未央氏

ジャパンベストレスキューシステム株式会社について

愛知県名古屋市に本拠地を構える生活や事業で発生するトラブルに対して緊急対応する会社。「生活救急車」と称して全国展開しています。そのなかでも今回セルネッツにExcelシステムを依頼した財務チームは、会社の支払い業務を担当している部署になります。

セルネッツに依頼したExcelシステムの概要を教えてください。

財務チームに所属し、支払い全般の業務を担当している山口氏。経費精算ソフトからデータを取り込んで、指定の会計ソフト用のCSVデータに変換できるExcelシステムを導入しました。

私たちが依頼したシステムは「出張STデータ変換CSV出力ツール」とネーミングされているものです。弊社では2018年に新しく会計ソフトを導入しまして、そのソフトにデータを吸い上げるためのCSV形式のExcelデータが必要でした。
既存の経費精算ソフトがあるのですが、新しい会計ソフトにデータを取り込むためには適したCSV形式に直す必要があり、そのためのシステム開発をセルネッツに依頼しました。

 

これまで業務の流れのなかでいろんなシステムを断片的に開発してきました。ですので、全社的な課題ではありますが、営業担当者が使うソフトと、会計ソフトのスムーズな連携が取れずにいたんです。

セルネッツに依頼した経緯をお聞かせください。

インターネットで検索してヒットした3社に見積もりをお願いました。そのなかでも、一番早く対応してくださったのがセルネッツです。お問い合わせのフォームには弊社の要望をしっかりと書かせていただきました。送信ボタンをクリックした後、すぐに代表の竹本さんからお電話をいただけたのが印象に残っています。急いでいるときは、メールでのやりとりよりも電話の方が早いですから。稀に折り返しの電話すらない会社もありますから、こまめな連絡が取れるというのはとても安心につながりました。

 

セルネッツ以外の2社は、実は納期を伝えた時点でお断りされてしまいまして…。私たちが提示した納期は、わずか1カ月未満。2018年の9月上旬にお問い合わせ、9月末には納品していただくという短いスケジュールでは、私たちも不安でしたが、開発する側も十分な時間が取れないのでしょうね。

 

しかしセルネッツの場合は、過去にも同じケースのExcelシステムを多数こなしているとのことで「できます!」という心強い返事をいただけました。

名古屋から東京のシステム開発会社に依頼するにあたり、どのような流れで開発を進めていきましたか?

「私はシステム開発を担当するのがはじめてでした。わからないことは、すぐに電話をして確認しました。竹本さんが必ず電話に出てくださるので安心できました」と山口氏。

先ほどもお伝えした通り、非常にタイトなスケジュールです。Excelシステムの細かい仕様はメールだとニュアンスが難しいことがほとんど。ですから、遠慮なく電話をかけて、修正箇所や希望することをダイレクトにお伝えしました。

 

あとは「Web会議」です。弊社は名古屋ですし、セルネッツは東京が本拠地です。頻繁にお越しいただくわけにいきませんから、開発期間の1カ月の間にWeb会議を2~3回実施していただきました。画面共有しながらExcelシステムの仕様を詰めていくことができますので、問題解決が早かったですし、直接竹本さんが操作するのを見ながら確認できたので、とてもスムーズでした。今はこうやってWeb会議が当たり前にできますから、距離的な不安は何も感じませんでしたね。

 

それに、実はWeb会議が決まった時点である小包が届いたんです。送り主を見ると「セルネッツ」と書いてあります。その小包のなかには、パソコンで使えるマイクが入っていました。「Web会議がしやすいように」と、こちらが予測できないお気遣いをしていただけたことも印象に残っています。おかげでWeb会議はスムーズに進みましたし、会って話しているのと同じくらいストレスなく、しかもタイムリーにシステムを構築していただけたと思います。

セルネッツではWeb会議が必要なお客様に、パソコンで利用できるマイクをプレゼントしています

Web会議では、こんなイメージでセルネッツの画面を共有しながら、1つ1つ確認を行うことができます。

Excelシステムのどのような点を評価しますか?

評価 1誰でも使えるシンプルな操作性

わずか3ステップでファイル変換が完結します。今は私と同僚がメインで使っていますが、シンプルな操作性のため、担当者が変わったとしても難なく使えるシステムです。

【Step1】CSVデータ取り込み → 【Step2】会計ソフト用にデータ変換 → 【Step3】CSV外部保存 とボタンをクリックするだけで完結します。

評価 2可変設定で修正がすぐにできる

一般的なシステムの場合、一度データ変換の仕様を決めてしまうと修正できない場合もあると思います。修正してもらうのに、また追加の作業が発生することも考えられます。

でも、セルネッツの場合は、変換する列の並び順の変更ができるように、可変設定があるのがうれしいですね。実は、弊社からお渡しした仕様書に不備があったのですが、この可変設定のおかげで難なく修正することができました。

セルネッツのどのような点を評価しますか?

システム開発の窓口を担当するのははじめてだった山口氏。「不慣れな私をサポートしてくれるかのように竹本さんからいろいろな提案をいただけたので、目的通りのシステムが完成。ホッと一安心です」。

① 会計ソフト案件の実績が豊富

上司からは、「システムの開発担当者が、簿記会計を理解、認識しているかどうかで、システムの仕上がりに差が出る」というアドバイスを受けての発注でした。セルネッツの竹本さんは、簿記や会計のこともよくご存じでしたし、こういった会計ソフトと連携を図るExcelシステムの開発は経験豊富。その点においても安心してお任せできました。なかには、会計に関わる単語が分からない開発者もいると思います。その点、セルネッツは私たちの仕事を把握してくれていました。ここが成功要因のひとつです。

最後にこれからの展望をお聞かせください。

「シンプルで誰でも使えるExcelシステムを広めてください」

現在は、いろいろなシステムを並行して使っている状態です。すべてのシステムを誰でも簡単に操作できるような、極力シンプルなシステムに整備していきたいです。

また、業務のなかには、システムで解決できそうな単純作業がまだまだあります。システムで解決できるところは解決して、短縮した時間を分析などに時間を割ける仕組みづくりをしていかなければと考えています。

セルネッツには、また別のシステムをお願いする機会もあると思いますので、これからもよろしくお願いします。

〜ジャパンベストレスキューシステム様、お忙しい中、取材に対応していただきありがとうございました〜

取材日時:2019年 2月 取材・執筆:はぐくむ 高橋かずえ

※ 文中に記載されている数値など情報は、いずれも取材時点のものです。

 

◆システム名: 出張STデータ変換CSV出力ツール
◆内容: 経費精算ソフトからデータを抽出し、会計ソフト用のCSV形式に書き換える
◆特徴: 経費精算ソフトから抽出するデータは膨大なデータ量があるが、会計ソフトで必要とするのはわずか30列程度。会計ソフトに適したCSVデータにワンクリックで書き換える。書き換えるデータの並び順には可変設定をつけて、仕様変更にも柔軟に対応する。
◆目的: 会計ソフト用CSVデータの書き換え
◆構築期間: 3週間
◆開発費用: 25万円