保険料の自動算出~月次データ請求業務

きっかけ

保険料請求書フォーム自動生成

毎月、定期的に受信するクライアントからの契約情報データがExcelであり、システム導入においては、社内レベルのみで改善の手がおよぶ領域ではないため、マクロ活用が最良の解決策に・・・。

 

入力情報となるデータは、社内システムから生成されるものではなく、毎月送信されるExcelデータが大元となるため、市販パッケージソフトの導入では問題解決が図れず、独自システムの構築が必要となっていた。

導入背景

顧客増大に伴い、月次処理として行われている保険料の算出~請求書発行業務に負荷がかかっていた。スタッフ増員のみでは本質的な問題解決に至らず、また、クライアントからのデータ形態が当面の間はExcelデータという背景から、受信Excelデータをそのまま展開処理できる独自システム開発が必要となっていた。

 

何社かシステム開発会社への見積り依頼も行っていたが、Accessでのシステム構築をはじめ、サーバ導入によるシステム化を提案されるものの、予算も見合わず、Excelマクロでのシステム開発に頼ることとなった。

成果

担当者の声

合見積もりの結果、Accessでのシステム構築も候補として残っていたが、コスト面やマスタ構築などに

伴う労力、将来的なシステムの発展性を加味し、社内検討した結果、仕様変更の際の追加コストが最も安価な「Excelマクロの活用」を採用することになり、導入直後から、期待どおりのコストパフォーマンスを発揮している。

 

「システム構築本来のあり方」については、十分認識しているのですが、客先依存である背景や、レイアウト修正などイレギュラーが多いため、制約の多い他のシステムでは高い買い物になっていたかも知れませんね。

業務効率化ご案内