RPA過信に注意

RPA過信に注意

投稿日: 2019年10月16日 カテゴリー:RPA業務自動化

RPA過信に注意

RPAメカニズムを知ることで分かる留意点
RPA万能か!?

2019年10月現在、「RPA」という言葉が昨年あたりから聞かれる機会が増えたが、それでも実感としては「まだまだ」感じが否めない。

 

既にRPA導入中の企業で働いている、或いは、何らかの機会で知った、となれば話は早いが、まだまだ情報が少ない気がするので、今後、弊社の知り得たRPA情報を本コラムを通じ、紹介して参ります。

 

例えば、「RPAロボット停止の原因」とは?

 

 

 

【不具合要因には、いくつかの種類に分類されます。】
→環境依存型の不具合
外部・内部要因の切り分け
→データ依存型の不具合
→シナリオ設計不備による不具合
→文法エラーによる不具合
→仕様の考慮不足による不具合
→永久ループ
→判定不備による不具合
→RPA不具合による不具合

 

いずれの場合も、テスト不十分という根幹要因が考えられます。

このテストパターン洗い出しこそ、システム開発における「テスト設計」です。
テストすべきパターンを総洗い出し、テストデータを作成し、順に消し込み作業により、漏れなく検証を行なうのですが、この洗い出しには、業務の知識とシステムの知識が必要な為、お客様と開発会社の協力体制が必要です。




業務効率化ご案内

便利ツールダウンロード

セミナー情報はこちら

お客様の声ご紹介

Array ( [0] => 14 )

関連する記事

株式会社セルネッツ