セルネッツの強み

弊社は、Excelマクロ、ExcelVBA、Excel関数活用など、Excel開発に専門特化したシステム会社ですので、Excel活用に関する提案力には自信があります。

 

Accessデータベースとの連携で、複数人同時利用も実現可能です。Excelシステム開発の最大の特徴として、小規模案件が大半となる背景から、中小企業様をはじめ、事業規模・地方/遠方を問わず、幅広くお声がけいただくことも特徴です。

 

本ページでは、「3つの強み」をご紹介させて頂きます。

セルネッツ「3つの強み」とは?

Excel専門特化~外部データベース連携

Excel専門特化~外部データベース連携

不具合発生のExcelシステム改修にも対応

Excelシステム開発においては、「退職者が作成したExcelシステムに不具合が生じたため、修正対応を行えないか。」といったご依頼も少なくありません。このような場合、2つの方向性を検討いただくこととなります。

  • 新規で一から作り直しをする
  • 改修する

システムの実装機能などにもよりますが、数年におよぶ機能追加により、多機能なシステムとなっていることもありますので、同等機能を備えたシステム新規構築については、お見積もりを入手して、驚かれることもあるかと思います。

第三者が開発したシステムの改修依頼は、システム改修する側にとって、サポート面で、たいへん大きな「納入責任リスク」を抱えることとなりますので、多くの場合、システム改修は積極的にはなれない、もしくは、新規構築を提案されることが多いかと思います。

不具合の状態や、システムの活用頻度にもよりますが、まずは、改修対応が可能かどうか見極めた上で、対応方針を確定されることをオススメいたします。ExcelやAccessシステムの場合は、再現性のある簡易な不具合であれば、お電話などで、即日解決することもありますので、システム改修の際は、お気軽にご相談ください。

Excel専門特化ならではのOffice連携

Excelシステム開発の特徴は、他の言語開発テクニックと異なり、「Excelそのものの標準機能を併用する」という設計が効率的な開発手法となります。これにより、無駄なModule開発をすることもなく、遠回りな機能実装や設計がない為、短納期・且つ・コンパクトなシステムを開発することができます。

分かりやすい例では、「シート上のセルの書式」など、プログラム側で制御する必要はなく、テンプレートを準備しておき、書式を適用するだけです。この仕組みは、文字色、文字サイズ、文字書体、罫線、条件付き書式におよび、お客様が、簡単に変更可能なため、無駄なコーディングを省略できる最たる事例の1つです。

その他、シート関数の活用をはじめ、Excelバージョン互換、ExcelブックSize肥大回避、外部リンク、テーブル定義、データ入力規則、画像オブジェクト制御、Office連携など、Excelアプリケーションに精通した様々なノウハウや開発技術が求められますが、弊社は、Microsoft Officeアプリケーションに精通しているので、様々なアドバイスが可能です。

システム開発コストは、実装機能(=テスト工数)との比例関係にあるのですが、Excel標準機能のフル活用により、実は開発工数も低減が可能なのです。これまで手がけたシステム要件の多くが、標準機能の活用によりコーディングステップ数の低減に成功しています。

また、プログラムソースを見れば一目瞭然ですが、「有効なExcel標準機能は、惜しみなく活用する」といった思想をもとに設計を行いますので、「やみくもにプログラミングで対応する」ことはありません。そのため、無用なロジックを組み込むことも無く、これらは何よりも「メンテナンス性」との関係が深く、プログラム改修時の作業工数を低減することにも繋がりますので、必然的に、廉価な開発コストで、システム改修を行うことも可能となるのです。

Excel&Accessをはじめ、ご依頼が多い「PowerPoint」、「WORD」、「OUTLOOK」などとのデータ連携にも対応いたします。Excelに精通している為、シート関数や、Excelサイズ肥大など、素朴な疑問について、ご相談ください。

外部データベース連携で効率化

フロントエンドをExcelとして、バックグラウンドでの外部データベースと連携する仕組みです。この為、以下のような組み合わせによるシステム構築が可能です。Excel開発の場合、単体活用を前提に設計した場合、複数人同時利用が出来ませんが、外部データベースを上手に連携することで、Excelシステムはこの問題を解決することができるのです。

  1. Excel単体構成 ※外部DB連携なし
  2. Excel+外部データベース(Excel)
  3. Excel+外部データベース(Access)
  4. Excel+外部データベース(SQL)

費用対効果を常に念頭に

弊社では、お客様の課題・問題解決にあたり、最低3つ以上の手法を提案させて頂きます。もちろん、『費用対効果』をはじめ、将来的な拡張性を視野に入れ、5年、10年スパンでのライセンス料を生じること無く、システム活用ができるよう、常に、発生コストを加味し、お客様のご要望を最大限に最もふさわしいシステム運用方針をご提案致します。

あらゆるERRORにも、迅速対応

Excelアプリケーション、Excelマクロにより発生し得る、ほぼ全てのERRORを迅速に解決~対応可能です。Excelバージョン依存の影響を受けにくいコーディングをはじめ、シート関数の選定を行いますので、不具合が生じにくい、又は、不具合原因を迅速に特定し、対応可能なシステム品質で納入いたします。

案件外のご質問にもお応えいたします

開発をすすめる中で、お客様からは、Excelに関するトラブル、機能面、シート関数、マクロ、など、システムとは直接関係のないご質問をいただく事もありますが、ご遠慮なく、ご質問ください。Excel専門特化の弊社は、ブックSize肥大をはじめ、参照ERROR、クラウド運用など、様々なノウハウがあり、惜しみなくご助言させていただきます。シート関数、Excelマクロ、エラー、サイズ肥大など、Excelに関するあらゆる疑問点、課題について、様々なご相談、アドバイスが可能です!

価格競争力~コストパフォーマンス

価格競争力~コストパフォーマンス

完全自社開発により低価格を実現。"相見積もり" 大歓迎!

無形資産であるソフトウェアを成果物として提供しているシステム開発業では、「仕入が無い=在庫がない」という側面からも、コストの中味は、「開発者の人件費そのもの」と言って過言ではないでしょう。

弊社では、原則、完全自社開発で行っており、お問い合わせ頂いたお客様とお会いするスタッフはすべて、開発エンジニアと技術アシスタントです。

もちろん、中間マージンなども発生しないため、安価な料金ご提示が可能です。

Web集客で営業コストゼロ

弊社の特徴の一つが、Web集客を中心に顧客開拓している点にあります。設立当初よりプッシュ型の営業を一切行わず、徹底したWeb集客により、「営業人件費」や「広告費」をかけずに開発コストの低減化に取り組んでまいりました。

発生コストを最小限に抑えることにより、低料金を実現し高い価格競争力を強みとしています。

高いコストパフォ-マンス

システム導入に伴うコストは、大きく4つに分かれます。

  1. システム導入イニシャルコスト(導入時にかかる費用)
  2. メンテナンスコスト(維持費)
  3. 利用ライセンス料
  4. 障害発生~対応に伴うコスト

これらのコストは、お客様にとって大きな負担となっています。費用対効果という面において、はExcelをベースをとしたプログラム開発となるため、「ライセンス料」などは一切不要で、利用人数に制限もありません。

高いコストパフォ-マンスを得られるシステム制作をお約束いたします。

スピード!迅速対応に自信あり。

スピード!迅速対応に自信あり

弊社は、「スピード&フットワークの良さ」を一つの強みとしています。
お問い合わせに対し「担当者からの回答や連絡が遅い。」といった対応は、お客様にとって最大の不安要素と位置づける弊社は、お客様からいただく様々なご意見、お問い合わせに対して、原則即日での迅速対応を心がけておりますので、ご安心ください。

万が一のトラブル対応については、緊急性が高いため、最優先対応をお約束いたします。

また、外出先でも担当者は欠かさずメールをチェックしているため、「緊急時に連絡が取れない」などの心配はご無用です。

システム納入後の不安要素となるサポート面では、土日・祝祭日(※場合によっては夜間)であっても、お電話を頂ければ誠意をもって対応しておりますので、万が一のトラブルでもご安心ください。

お問い合わせご回答の迅速対応

弊社サイトより、お問い合わせフォームからご相談をいただく場合、営業稼働日で1日以内にご回答を差し上げるようにしておりますので、2日目に入っても連絡がない、というようなことはございません。

また、お急ぎの場合は、ご都合の良い日時を指定いただければ、ご訪問、または、お電話にてご連絡させていただきますので、ご安心ください。

弊社へのご相談、ご依頼では、小規模なシステム開発案件がほとんどですので、お電話をいただき、その日のうちにご訪問~ご挨拶~お打合せ~お見積もりご提示、といったケースも少なくありません。

お見積もり迅速対応

お電話でのお問い合わせを頂いた時点で、多くのお客様は、「だいたいで構わないので、開発を依頼した場合の料金はお幾らくらいでしょうか?」といった流れになることがあります。

詳細仕様は不明でも、お話しの中から、「おおよその開発期間」がイメージできれば、直接、【概算料金】をお伝えすることも可能です。

対応の流れで最も多いのが、まずお電話でおおよその料金をお伝えし、その後、お見積もりに必要なデータを送付いただき、データを拝見後、【概算お見積書】を作成~送付。

お客様の社内検討のうえ、正式お見積もりを提示するための訪問お打合せ~最終お見積もりご提示、という流れが多いです。

トラブルへの迅速対応

万が一の不具合報告に対する弊社の対応ですが、多くの場合は、ご連絡をいただいた即日対応となります。ご連絡を頂戴し、30分後には、修正版システムをリリースしていることは珍しくありません。

それが可能な理由として、開発言語はExcelVBAのため、不具合事象の再現テスト~原因調査・特定~修正箇所の特定~プログラム修正~修正影響調査~再テスト~バグFIX修正版送付、といった流れになりますが、必要な修正ファイルは「Excelシステム本体のみ」となり、添付メールでやりとりできますし、私が開発者ですのでどこに問題点があるのかすぐに分かる為、一連の工程について、時間をかけずスムーズに進行することができます。

このようなシンプルな点も、Excel開発ならではの良さだと思っています。

「1:お客様を不安にさせない 2:待たせない 3:不具合対応は何よりも最優先」

が弊社の対応方針ですので、迅速対応にご期待ください。