通販データ再利用により出荷業務を効率化

きっかけ

CSV宛名データ変換&送り状データ生成

オンラインショップ通販:受注データをもとに出荷業務を効率化 ※運送会社別の宛名データ作成

 

日々、受信するオンライン受注データをもとに、社内スタッフによる出荷データ生成~宛名データ作成~ラベル印字という一連の業務フローを行っていた。

 

繁忙期を控え、手作業によるExcelデータのレイアウト変換が非効率であり、なんとかデータ連携により、データを一元管理できないものかと手法を模索していたところ、「Excelマクロ活用」という方法を知りました。

導入背景

全国からの受注に対し、業務ソフトで販売管理を行っているが、運送会社別の宛名ラベル作成には、市販のパッケージソフトを利用していた。但し、市販ソフトで読み込める形式に対応させるため、Excelデータを手作業でレイアウトを変換するなど、繁忙期を迎えるまえの締め切りで効率化をせまられた。

成果

担当者の声

人間の手作業により発生していた単純な転記ミスは、データの一元化が完全に図られ、転記不備は完全になくなった。何よりも、本社・各営業所において複数のスタッフがこの作業を行っていたため、人数分のソフトウェア追加ライセンスも不要で、費用対効果としては、たいへん大きなメリットを得られた。

 

インストールなども不要で、そのまま支店スタッフにプログラムファイルを送信できる手軽さをはじめ、修正スピードなど、「Excelマクロ活用」という手法を始めて知りました。